大人になって見返してしまうコミックと数多あるので選びきれない

小学校高学年頃にやっていた漫画十二世の中記、当時は出だしの物悲しい印象で見極めるはことを辞めてしまった品物だ。ただ、ずっと気になっていた品物だったので大人になって見返しましたが、これは昔見て置きたかった!と深く思いました。セミナーでのいじめ、人間関係、こうしたドロドロしたカタチ特に中心人公の内面お家、だれにも見せたくないものが鮮明に描かれていて、自分にも当てはまり眼を反らしたくなるサロンもありました。けど、何より中心人パブリック陽子の拡張ペースが少なく、これほどまでに人は変われるのかと見て出向くほどに惹かれて出向く品物だ。
まず一つの好きなシチュエーションは、人間不信に陥った陽子が半獣の安易俊に出合い少しずつ変わっていくところで、「わたくしがパートナーを任せることと、パートナーがわたくしを裏切ることは別問題だ!」と自分の内面でもある猿に言い放つシチュエーションだ。私のしている時でこういう言葉がすっごく響きました。
そして一番好きなのが、風の万里黎明の書で陽子が景王家になったが、コントロールが世の中を作っている現状、慶世の中にも不穏な実践が出ているなか、海ユーザーで仙となり虐げられながら過ごす鈴と先の芳世の中公主の祥瓊そして陽子のこういう感じ年がおんなじのマミー3人の拡張を見て出向くのが大好きです。様々な理由で慶世の中を目差す鈴と祥瓊、とくに祥瓊が安易俊と出合い一気に己の無知さをわかり、慶国の現状を知ったところ王家です陽子のことを考えはたらく見かけが大好きです。結論での「人ってアクシデントの競争をしてしまうわね。苦難は幸せのことと同じくらい気持ちいいのかもしれない」という祥瓊の言葉もまた忘れられません。人と人との結びつき、そして成長する大切さ、こういう漫画を昔に理解して見れていれば、している時生徒や高校の局面などもっと人を願い上部だけの感嘆ではないものが作れていたのだろうと思います。何度も何度も見返してしまうそして激しく結果の受けた漫画だ。